或る塾講師の読書録

簡単に読める小説を中心に、紹介できれば良いなと思っています。

【文学史】近代文学の思潮① 黎明期

 どうも。ジュクリブです。

 

 この記事では、文学史シリーズの第1回として、近代文学の黎明期について書きたいと思います。

 

 そもそも、なぜこんな記事を書こうと思ったのかというと、私自身がよくkindle青空文庫の作品を読むからからです。青空文庫にあるということは、著作権切れの古い作品ということ。すると、それらの作品をより深く理解するためには、時代背景を知っていたほうが望ましいに決まっています。だから、近代文学史の思潮を整理するために、この記事を書きかました。

 

近代文学と明治時代

 一般的には明治時代以降の文学を指します。明治時代と言えば、江戸時代の鎖国政策から転換し、西洋の思想や文化を取り入れる文明開化が起きた時代です。すなわち、今までの価値観が大きく変わっていくはじまりの時代というイメージを持っていると良いかと思います。

 さらに具体的に考えると、江戸時代は封建社会であり、儒教の思想が根付いていました。乱暴ですがざっくりいうと、江戸時代は「上の者に下の者が従う」時代だったということです。上の者というのは、将軍や各地の有力者、親、年長者などです。一方で、明治時代は、日本が封建社会から民主主義国家へ転換を始めた時代でした。

 

啓蒙時代=実利主義的

 そんな西洋の文化を取り入れるために、西洋の文化等を紹介した有名な著作が以下の3つです。

 福沢諭吉学問のすすめ』⇒日本の封建社会から民主主義国家への転換、儒教思想の否定。

 中村正直訳『西国立志編』⇒サミュエル・スマイルズ著『自助論』を翻訳

 中江兆民訳『民約訳解』⇒ジャン=ジャック・ルソー著『社会契約論』を翻訳

 

・明治初期の文学

 文明開化をしたからと言って、すぐに劇的な変化は訪れません。江戸時代と同じような文芸活動が行われ、そこに文明開化の息吹が入り込むような作品が作られました。そして、大きく3つの文学に分けられます。

 

①戯作文学=文明開化後の新風俗を取り込んだ戯作。江戸後期の戯作の流れをくむ。

 仮名垣魯文西洋道中膝栗毛』『安愚楽鍋

 

②翻訳文学=西洋文学作品の翻訳

 川島忠之助訳ヴェルヌ著『八十日間世界一周

 

政治小説=国会開設や自由民権運動の高まりを背景に、政治的な思想の主張を行う

 矢野竜渓経国美談

 東海散士佳人之奇遇

 

 それでは、このへんで。次回の文学史シリーズは、写実主義と擬古典主義について書く予定です。